仕事をしている妊婦さんのお仕事と将来

仕事をしている妊婦さんのお仕事と将来

妊娠が分かって、幸せを噛み締める…
と同時に、母親になったからにはお腹の赤ちゃんを守っていく
という大切な役目があり、喜んでばかりは要られません。

 

妊娠が分かってまず最初に心がけるべきことは
赤ちゃんのいる子宮の環境を良くすること。

 

妊婦さん自身が無理をしないようにすることが一番です。
しかし働いている場合、通勤や就業形態によっては
そうはいかない事情も。

 

妊婦さんが無理なく働けるのは、周囲の理解が必要です。
一概には言えないことではありますが
早めに職場への報告をしたほうが、サポートを受けられる可能性は大きいかもしれません。

 

中には『安定期を迎えるまでは不安なので周りにはヒミツにしておきたい』
という人もいるでしょう。

 

その気持もとてもわかりますが、報告が遅かったことで
職場の上司や同僚との関係が気まずくなってしまうケースや
妊娠していると言えずに『負担のかかる仕事を続けて切迫流産になり、後悔した』
という女性もいます。

 

職場の環境やお仕事の兼ね合いもあるでしょうが
上司や信頼できる仲間のみ、一部にだけでもいち早く伝え
安定期に入った時に公にする、という方法もあります。

 

環境、状況は人それぞれ。
すべての妊婦さんにあてはまるベストな報告タイミングはこれ、とはいえませんが
順調な妊娠生活を送るためにも、以上のことを参考に自分なりのベスト報告タイミングを見つけ
なるべく早めの報告を心がけましょう。

 

仕事を続ける?やめる?

 

妊娠・出産をきっかけに仕事を辞める人が多いのが現状です。
自身の意志による決定だったら問題ないのですが
そうでもない場合もあるようです。

 

つわりで会社を休んだことで気まずくなってしまうケースや、
上司にそれとなく『妊娠したから会社辞めるんでしょ?』と言われてしまうなど、
不本意ながら退職したという場合も少なくないようです。

 

1つの手段として、妊娠が分かったら、社内の就業規則に目を通しましょう。
妊娠、出産を原因に仕事をやめさせるのは違法です。
また、妊娠したら退職するのが慣例となっている会社でも、
仕事を続けたい気持ちがあるならば上司に相談しましょう。

 

『妊娠したら退職すると思って諦めていたけれど、続けたいといってくれて嬉しい』と
思わぬ嬉しい言葉をかけられた人もいるようです。

 

曖昧に返事をするより、自分の意志をまずはハッキリと伝えましょう。
妊娠が分かったら、早い段階で仕事を辞めるか続けるか…
自分なりの考えをまとめておくことが大切です。