35才以上の高齢出産のリスク&心配 

35才以上の高齢出産のリスク&心配 

高齢出産という言葉は正式な医学用語ではありません。
35才以上ではじめて出産の経験をする妊婦さんは正式に
『後年初産婦』と呼ばれます。

 

35才だからといって必ずなにか起こるわけではありませんが
34才以下の妊婦さんと比較すると
トラブルを起こすリスクが高くなりがちなので
注意が必要だと考えられています。

 

2人目以降のお産は、初めての初産に比べて
リスクは低くなるとされていますが
やはり35才以上の妊娠なので
染色体野以上や流産の危険性は初産と同じです。

 

心配のし過ぎは良くないことですが
元気な赤しゃんの誕生のためにも
高齢妊娠&出産の注意点を知っておきましょう。

 

妊娠中に起こりやすいトラブル

 

加齢とともに妊娠高血圧症候群や妊娠糖尿病になる確率がアップするのには
加齢に伴い血管の弾力性がなくなり、生活習慣病のリスクが高まるため。

 

妊娠中は妊娠する前より循環する血液の量が増え
しかも大きくなり始めた子宮が腎臓を圧迫するようになります。

 

以上のことから
これまでとは違う体への負担がかかり
高血圧や糖尿病への引き金になりやすいのです。

 

生活習慣病は遺伝的な原因が大きいために
家族や近親者に高血圧や糖尿病の人がいれば
その体質を受け継いでいる可能性があります。

 

 

まさか自分が…と思わずに
まずは生活を見なおしてみましょう。

 

カロリーのとり過ぎや塩分のとり過ぎに注意して
栄養バランスが良い食事を心がけましょう。

 

適性の範囲での体重増加を意識して
肥満に注意するのもトラブルの予防につながる大切なことです。

 

妊娠高血圧症候群は気づかないうちに重症化してしまい
母体と子供の命に関わる病気です。

 

妊娠糖尿病は検査で見つかっても自覚症状がないのがほとんどですが
症状が進行すればお腹の赤ちゃんにも影響することがあります。

 

予防はもちろん、早期の発見、治療するために
検診をきちんと受けましょう。