高年初産の心配事

高年初産の心配事

高齢出産でのリスクは
赤ちゃんに染色体異常が現れる確率が高くなること。

 

これは高齢になるに従って
卵子の働きが低下するのが原因です。
じつは卵子細胞は持ち主の女性が胎児の頃から卵巣内に出来ていて
ともに年齢を重ねているのです。

 

染色体以上の中で最も頻度の高いダウン症候群は
35才では約300人から400人に1人の割合
40才では約100人に1人の割合と言われ、加齢によってその確率が増していきます。

 

赤ちゃんの染色体異常は出生前診断で調べることが出来ます。
ただ、検査結果はあくまで染色体異常の確率です。
超音波の検査で首の後にむくみが見られた場合にも染色体の異常の可能性が見られます。

 

可能性、ですので確定ではなく
いずれの検査も確定診断には羊水検査が必要になります。

 

出生前診断を希望する場合は、羊水検査をしたのちに
自分では思いがけない結果が出た時、どのように受け止めるのか
一人ではなくご家族で十分に受け止めましょう。

 

35才以上の妊婦さんへ

 

働く妊婦さんは、くれぐれも無理をしないように注意が必要です。
妊娠中の体はご自身のものだけではなく、
赤ちゃんがいることも忘れないようにしましょう。
今後の働き方や食事の内容、休息の取り方を見なおして妊娠生活も
産後の育児も楽しむことが大切です。

 

 

ひとりで悩みを抱えないように

 

出生前診断や体調の変化など疑問や不安に思うことは一人で思い悩まないで
なんでも担当医師や参院で効くのが一番です。

 

これから待ち受ける出産も育児も楽しめるようにしましょう。

 

お産も育児も体力勝負

 

35才以降は精神的にはよゆうがあるけれど
体力が低下しています。お産も育児も体力が必要なことなので
適度な運動で体力づくりにも励みましょう。

 

昔と違って医学は進歩しているけれど
体質が変化しやすいお年ごろ。
塩分控えめでヘルシーな食生活を心がけることも大切です。